バストアップをする方法

美容整形でバストアップ

一般的に美容整形でのバストアップの嬉しいところは、短い時間で確実に変わると言うところでしょう。

 

美容整形で行われるバストアップの施術についてあげてみましょう。

 

シリコンを使うバッグ挿入法は、脇の下を切開してシリコンなどでできた安全なバッグをバスト部分に挿入します。

 

そのバッグに入れる液体の量を調整し、自分に合わせた大きさを選べます。

 

手術に要する時間の目安は1時間ほどで、大よそ100万円ほどの費用でできるようです。

 

そして脂肪注入法は、自分の腹部など余っている脂肪を取り除いて、バストに脂肪を注入します。

 

注射器で注入するので、バスト周辺に施術の痕がまったく残りません。

 

必要な時間と費用が気になりますが、脂肪吸引は別となり、2時間程度で費用は30万ほどというところが目安となるようです。

 

注入したバストの脂肪は、周囲になじみながら減少するため、バストとなって残る量は注入した量の約50%とされています。

 

切らずに行えるヒアルロン酸注入法は、注射器でヒアルロン酸をバストに注入するもので、プチ豊胸手術といわれています。

 

バストアップを保てるのはほんの数カ月で薄れて行くので、ボリュームをキープしていくにはその都度、注入しに行く必要があります。

 

施術の時間はたった20分程度で、費用も安くヒアルロン酸の量によって違いますが10ccあたり7〜10万円といった料金設定のところが平均のようです。

 

一時、心配されていた身体への影響は、技術が進み素材も良くなったことから今ではほとんどが解決されています。

 

バストアップを考えているなら、美容整形のカウンセリングで相談してみるのもよいでしょう。

 

 


美容整形でバストアップ関連ページ