バストアップをする方法

マッサージでバストアップ

女性が憧れる魅力的なバストとは普段嫌っている脂肪組織で、その内の約1割に乳腺があります。

 

マッサージとは乳腺にも効果的で、女性ホルモンに働きかけ、分泌量の増加し、結果バストアップ効果をもたらします。

 

実は、マッサージの効果は筋肉だけでなく、血流やリンパの流れに、女性ホルモンがしっかり作用し、バストアップを現実のものとしてくれるのです。

 

それでは、バストアップに有効とされるバストに有効とされる基礎のマッサージから徐々に行いましょう。

 

はじめは座った状態で、乳房の上と下を優しく丸くマッサージがあります。

 

マッサージには、自身にあったバストアップ効果のあるクリームを利用するのも更に良いでしょう。

 

両方の掌は力を抜いて、バストを挟むように上と下に当てます。

 

上に当てた掌を、脇からバストの谷間へ優しくスライドします。

 

下に当てられた手は、上とは逆の方向である、脇に向けてスライドさせます。

 

上と下それぞれ5回ずつ、最後は同時に5回という流れで1セットとなり、左右共に2セットずつ行いましょう。

 

次は、お風呂の湯船で行うのにマッサージをご紹介します。

 

ボディソープやバストアップ専用のバスジェルを使うとより効果的なマッサージが行えます。

 

片方の乳房の上下を手のひらで挟みます。

 

乳房に当てた両方の手で、5回ずつ交互に行い、1セットとします。

 

左右のバストで2セットずつ、その際、掌を入れ替え行うのも効果的です。

 

マッサージの際、注意しておきたいのが、力加減がとても重要で、バストアップの効果は得られず、乳房を痛めるだけに終わってしまいます。

 

エステティックのバストアップマッサージや美容に良いツボ押しを取り入れたマッサージもあるので、自分にあったバストアップ法を探す事から始めましょう。

 

 


マッサージでバストアップ関連ページ